原発回帰で最も心配なのは安全性 恐ろしいのは東電の安全を後回しにする体質

原発

2022/09/26 08:00

 岸田政権は原発の新増設検討など「原発回帰」の方向性を鮮明にした。2011年の東京電力福島第一原発事故以来の大きな政策転換だ。だが、数々の問題があり、専門家からは厳しい声が聞かれる。AERA 2022年9月26日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 再稼働や新増設は安くない事実、90年代以降は失敗続く 原発をめぐる「無責任の構造」

    再稼働や新増設は安くない事実、90年代以降は失敗続く 原発をめぐる「無責任の構造」

    AERA

    9/26

    岸田政権「原発新増設」への大疑問 核ごみは2~30倍になる可能性も

    岸田政権「原発新増設」への大疑問 核ごみは2~30倍になる可能性も

    週刊朝日

    10/19

  • 安倍政権は原発新設も 韓国に先を越された「脱原発」宣言

    安倍政権は原発新設も 韓国に先を越された「脱原発」宣言

    週刊朝日

    6/29

    電力9社が27日に株主総会、脱原発求めて66件の株主提案

    電力9社が27日に株主総会、脱原発求めて66件の株主提案

    週刊朝日

    6/26

  • 全国の原発コストは約13兆円 “原子力のコスト高”が浮き彫りに

    全国の原発コストは約13兆円 “原子力のコスト高”が浮き彫りに

    週刊朝日

    3/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す