五輪汚職は「札幌でも必ず起きる」と専門家 「悪い電通マン」排除だけでは済まない理由

2022/09/24 11:00

 東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件は、底なしの様相だ。電通元専務で大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者の逮捕を皮切りに、汚職が次々と明らかになっている。札幌市が目指す2030年の冬季大会では、透明性を確保できるのか。五輪と広告会社との関係に詳しい著述家の本間龍さんに聞いた。AERA 2022年9月26日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 五輪汚職事件を防げなかった背景に組織委の「忖度文化」も 元理事・來田享子氏が指摘

    五輪汚職事件を防げなかった背景に組織委の「忖度文化」も 元理事・來田享子氏が指摘

    AERA

    10/21

    五輪汚職の捜査が終結 高橋元理事起用の原点となった議事録入手

    五輪汚職の捜査が終結 高橋元理事起用の原点となった議事録入手

    週刊朝日

    11/13

  • 五輪汚職 政界への波及は KADOKAWAから賄賂受けた疑いで大会組織委の元理事を再逮捕

    五輪汚職 政界への波及は KADOKAWAから賄賂受けた疑いで大会組織委の元理事を再逮捕

    dot.

    9/7

    東京五輪汚職事件を招いた組織委の「電通への丸投げ」 1社独占でチェック機能なし

    東京五輪汚職事件を招いた組織委の「電通への丸投げ」 1社独占でチェック機能なし

    AERA

    9/22

  • 五輪組織委・高橋元理事は「電通の社内で“神様”」 逮捕直前の取材に容疑否定、徹底抗戦か

    五輪組織委・高橋元理事は「電通の社内で“神様”」 逮捕直前の取材に容疑否定、徹底抗戦か

    dot.

    8/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す