温室効果ガス削減効果を「見える化」 排出量の低い食材を選択できる時代に

2022/09/16 07:00

「サステナブルな消費」を促すため、9月17日から始まる「サステナウィーク」。 効率性重視から持続性重視へ。消費の基準をシフトする取り組みが始まっている。AERA 2022年9月19日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 株価にも影響する“脱炭素” 専門家は「早く取り組むほど損失減」

    株価にも影響する“脱炭素” 専門家は「早く取り組むほど損失減」

    週刊朝日

    6/4

    CO2排出量が少ない市町村ランキング 意外、東京・小金井3位

    CO2排出量が少ない市町村ランキング 意外、東京・小金井3位

    週刊朝日

    9/2

  • 温室効果ガス46%削減 実現には今すぐできる「屋根置き太陽光発電」がカギ

    温室効果ガス46%削減 実現には今すぐできる「屋根置き太陽光発電」がカギ

    AERA

    6/28

    大分と東京で9倍…CO2排出量で地域差 「脱炭素」で地方は疲弊?

    大分と東京で9倍…CO2排出量で地域差 「脱炭素」で地方は疲弊?

    週刊朝日

    6/3

  • 無意味なCO2削減政策に税金が使われている?

    無意味なCO2削減政策に税金が使われている?

    週刊朝日

    4/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す