ニューヨークで増える「駐妻」ならぬ「駐夫」 50歳で「子連れ」留学 主夫の悩みは主婦そっくり

2022/09/07 08:00

引っ張って使えるタイプのスーパーのカゴは、重くなくて便利(写真/筆者提供)
引っ張って使えるタイプのスーパーのカゴは、重くなくて便利(写真/筆者提供)

 ドキュメンタリー映画監督の海南(かな)友子さんが10歳の息子と年上の夫を連れ、今年1月からニューヨークで留学生活を送っている。日本との違いに戸惑いながら、50歳になっても挑戦し続ける日々を海南さんが報告する。

【写真】子どもが学校に行っている間に、夫とブルックリンへ

*  *  *

 留学に息子を連れていくことは決めていた。だけど、夫の仕事については課題だった。初めは渡米に難色を示したが、長い話し合いの末、仕事を休止して同行してくれることになった。

「君の挑戦に協力して、子供のことを俺がやる」

 と言われたときは本当にうれしかった。そして夫は突然、家族の海外駐在に同行する駐在妻ならぬ「駐在夫」となった。

 渡米する前は、

「私も家事はやるよ!」

 と言っていたが、現実はシビアでとてもできなかった。一日中、コロンビア大学の授業を受け、図書館で文献を調べ、ときには誰かのインタビューに行く。フルブライトから研究資金をもらっているので、仕事と同じ責任感でやらねばならない。疲れすぎてくたくただ。みかねた夫が、いまでは食事、掃除、洗濯、子どもの送迎などの家事を担ってくれている。

 人生で初めて家事をメインの仕事として担当する夫。英語が得意ではないため、買い物ひとつでも大変だ。初めてスーパーに行った日、レジの女性から怒鳴られて帰ってきた。

「早く、ベルトコンベヤーに乗せろ! 何やっている!」

 と彼には聞こえたらしい。本当にそう言ったかはわからないけど……。日本ではレジに買い物カゴを置いて会計するが、アメリカのレジはベルトコンベヤーに自分で品物を置かねばならない。意外に難しくて、前の人の品物と混ざらないよう、タイミングを見はからわねばならない。夫はカゴごと置いて怒られたのだ。50歳を過ぎて、スーパーのレジで怒られるという、ある意味貴重な経験となった。

 夫はもともと洗濯や掃除は得意。でも、料理はあまりしない。

「カレーぐらいはできるさ」

 と言っていたが、初めてカレーを一人で作ろうとしたとき、肉が解凍できずに悪戦苦闘。電子レンジで解凍する方法がわからなかったらしい。包丁の刃はボロボロになり、肉に金属が紛れてしまった。

NEXT

文句は一切言わないと決めている

1 2

あわせて読みたい

  • 「結婚相手」として人気の商社 実際の結婚生活は幸せ?

    「結婚相手」として人気の商社 実際の結婚生活は幸せ?

    AERA

    9/28

    もはや憧れではない?「駐在員の妻」に変化の波

    もはや憧れではない?「駐在員の妻」に変化の波

    AERA

    1/17

  • 「では神様」は絶滅危惧種? 優雅だった駐在員妻に変化

    「では神様」は絶滅危惧種? 優雅だった駐在員妻に変化

    AERA

    1/20

    定年夫が邪魔!でも「殺したいほど嫌」じゃなければ離婚NGの理由

    定年夫が邪魔!でも「殺したいほど嫌」じゃなければ離婚NGの理由

    dot.

    11/8

  • 昼食作りは週2.5回、買い物は夫担当 コロナ禍の家事分担見直し夫婦の最適解は?

    昼食作りは週2.5回、買い物は夫担当 コロナ禍の家事分担見直し夫婦の最適解は?

    AERA

    4/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す