悩める10代へ届け ブレイディみかこ初の長編小説で貧困、ヤングケアラーを描く

2022/08/17 11:00

 初の長編小説『両手にトカレフ』で、貧困やヤングケアラーについて描いたブレイディみかこさん。作品に込めた思いを聞いた。AERA 2022年8月15-22日合併号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 『ぼくはイエロー~』で書けなかった貧困を小説に フレイディみかこに聞く

    『ぼくはイエロー~』で書けなかった貧困を小説に フレイディみかこに聞く

    週刊朝日

    7/28

    ヤングケアラーはなぜ支援を妨げられるのか 「相談しても名前は明かせない」「子どもの食事は提供できない」…立ちはだかる法律の壁

    ヤングケアラーはなぜ支援を妨げられるのか 「相談しても名前は明かせない」「子どもの食事は提供できない」…立ちはだかる法律の壁

    dot.

    8/1

  • ブレイディみかこさん「良くなる兆しが見えない日本、私たちが地ベタでできることを」

    ブレイディみかこさん「良くなる兆しが見えない日本、私たちが地ベタでできることを」

    AERA

    8/20

    ヤングケアラー、中学生でケアを理由に進学を諦める場合も 早期発見と支援の重要性

    ヤングケアラー、中学生でケアを理由に進学を諦める場合も 早期発見と支援の重要性

    AERA

    9/16

  • 孤立を深めるヤングケアラー 祖父の介護を担う女子高生「友だちに話したことがない」

    孤立を深めるヤングケアラー 祖父の介護を担う女子高生「友だちに話したことがない」

    AERA

    9/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す