40分が集中力が切れる一つの目安 脳研究者が語る「人はあまり集中できない生き物」

2022/07/22 08:00

いけがや・ゆうじ/東京大学薬学部教授。脳研究者。週刊朝日で「パテカトルの万脳薬」を連載中
いけがや・ゆうじ/東京大学薬学部教授。脳研究者。週刊朝日で「パテカトルの万脳薬」を連載中

 仕事や勉強に取りかかっても、集中力が続かない──。そんな悩みを抱える人は少なくないだろう。どうすれば集中力を高めることができるのか。脳研究者の池谷裕二さんに脳の仕組みや活用法を聞いた。 AERA 2022年7月18-25日合併号の記事を紹介する。

【グラフ】集中力の目安、前頭葉から出る「ガンマ波」が40分を境に急激に変化!

*  *  *

──いざ何かやろうとすると、なんだか気が散る、集中できない、ということが多々あります。集中力を高める方法はあるのでしょうか。

 競走馬を見ると、走るときに目隠しをしている馬がいますよね。馬の視界は広いので、目隠しをすることで横に気が散るものがなくなり、走ることに集中できるからなんです。集中している状態というのは、ディストラクターがない、つまり気が散るものが少ないという状態。いかに周りのものに目がいかないようにするかが集中力の鍵です。

 集中力といっても種類があります。たとえば図を見てください。これはネッカーキューブと言って、Aを頂点に見るのと、Bを頂点に見るのとで、図の見え方が変わりますよね? Aを頂点にした形で見続けようとしても、1分も持たないと思います。見え方が変わるというのは、集中力が切れたということです。そういう意味の集中力だと、人間は1分も持ちません。

(AERA2022年7月18-25日合併号より)
(AERA2022年7月18-25日合併号より)

 でも、好きなことをやっていると、あっという間に2時間、3時間経っていませんか? それがいわゆる「ゾーン」と呼ばれるような状態。苦労しないで作業ができて、目の前にあるものだけをタスクとしてこなせる。逆に、嫌な作業をしているとき、集中力は15分すら持ちません。何を集中力というのかは、難しいところですね。

──集中しているとき、脳はどんな状態になっていますか?

 集中力が高いときには、脳の前頭葉から出るガンマ波が高くなっています。ガンマ波は作業をし始めたときは高いんですが、すぐに落ちてしまいます。40分を境に急激に下がるので、40分が集中力が切れる一つの目安だと言うことはできると思います。

AERA2022年7月18-25日合併号より
AERA2022年7月18-25日合併号より

 ガンマ波は初頭効果が高く、何度も出ます。気が乗らない作業の場合は、15分などと短く区切って休憩を入れながらやると、比較的集中力が高い状態で作業はできるかもしれません。

1 2

あわせて読みたい

  • 集中力アップ! 「脳が目覚める座り方」とは?

    集中力アップ! 「脳が目覚める座り方」とは?

    週刊朝日

    10/15

    脳をだまして記憶力を高める 脳研究者のおすすめは「歩きながら」「小腹状態」で勉強

    脳をだまして記憶力を高める 脳研究者のおすすめは「歩きながら」「小腹状態」で勉強

    AERA

    7/23

  • 目標設定は「ちょいムズ」、「脳のゴールデンタイム」は朝 小学生の効果的な勉強法とは

    目標設定は「ちょいムズ」、「脳のゴールデンタイム」は朝 小学生の効果的な勉強法とは

    dot.

    5/5

    中学受験、脳のパフォーマンスを上げる生活術とは?

    中学受験、脳のパフォーマンスを上げる生活術とは?

    AERA

    1/3

  • サウナで「ととのう」の健康効果は? 医学的根拠を医師が解説 心筋梗塞や認知症の予防効果も

    サウナで「ととのう」の健康効果は? 医学的根拠を医師が解説 心筋梗塞や認知症の予防効果も

    dot.

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す