少子化がギアを上げて加速、最大の人口減に 要因は「既婚女性の出生率低下」と専門家

2022/06/15 18:00

AERA 2022年6月20日号より
AERA 2022年6月20日号より

 イーロン・マスク氏が「日本は、いずれ消滅する」と警告した。ここ数年、ギアを上げて進む少子化の背景には何があるのか。AERA 2022年6月20日号の記事から紹介する。

【写真】2014年、AERAの表紙に登場したイーロン・マスク

*  *  *

「日本は、いずれ消滅する」

 5月、そんな衝撃的なツイートがSNSを駆け巡った。発信者は、米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)。同氏が米ツイッター社の買収に約440億ドルで合意したとの報道が出た直後だったために、

「次は日本が買収されるの?」

 と思った人もいたというが、ジョークでも笑い話でもない。現実になりつつある未来なのだ。

 総務省が4月に発表した、昨年の日本の総人口は、前年より64万4千人減の1億2550万2千人(外国人272万人を含む)。減少数、減少率ともに1950年以降で最大となった。

 冒頭のマスク氏のツイートは、その報道を引用する形で投稿されたもので、全文はこうだ。

「明らかなことを言うようだが、出生率が死亡率を超えるために何かを変えない限り、日本はいずれ消滅する」

 そんなこと言われても──。

 都内の広告会社で働く女性(33)は、そのツイートをスマホで見たが、すぐに画面をスクロールさせた。

「責められている気がして怖くなった。早く産みたいですよ。でも結婚相手もいないし、どうしたらいいんですかね」

2014年、AERAの表紙に登場したイーロン・マスク氏
2014年、AERAの表紙に登場したイーロン・マスク氏

■既婚者の子の数が急減

 女性は最近、卵子凍結サービスの説明会に足を運んだ。出産するとしても遅くなるかもしれない。その時に備えようと考えたからだ。だが、映像で見た冷凍設備が想像していたよりも簡易なものに見えて、急に不安になって踏み出せなかったという。

 最近、社内の同僚が未婚のまま出産した。女性は言う。

「様々な選択肢のある時代だし、シンプルにうらやましいと思った。だけど私は、独身のまま出産する勇気が出ません」

 厚生労働省の人口動態統計によると、2021年に生まれた日本人の子どもの数(出生数)は81万1604人で、前年より2万9231人(3.5%)少なく、データがある1899年以降で最少となった。15年までは年約1%の緩やかな減少だったが、16年に100万人を割りこんで以降は減少率が毎年3.5%程度になり、わずか5年で約80万人に。少子化が一段階ギアを上げて加速している。

1 2

あわせて読みたい

  • 50年後には人口9千万人以下に! 人口減少より怖いあの問題

    50年後には人口9千万人以下に! 人口減少より怖いあの問題

    dot.

    11/21

    少子化対策を知るには『幼稚園ママ』を調べるべき?

    少子化対策を知るには『幼稚園ママ』を調べるべき?

    週刊朝日

    10/16

  • 地方消滅 東京一極集中が招く人口急減

    地方消滅 東京一極集中が招く人口急減

    週刊朝日

    9/11

    浜矩子「グローバルになりつつある出生率低下は子どもを喜べない社会に原因がある」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「グローバルになりつつある出生率低下は子どもを喜べない社会に原因がある」

    AERA

    1/30

  • 晩婚化を進めているのはむしろ男性?「経済的負担」を理由に結婚に踏み切れない今の若者たち

    晩婚化を進めているのはむしろ男性?「経済的負担」を理由に結婚に踏み切れない今の若者たち

    dot.

    3/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す