「いじめ」「いじり」も不快ならパワハラ被害 会社に頼るより「社外の専門家」に相談を

2022/06/13 08:00

 職場で「いじめ」や「いじり」に苦しむ人たちがいる。加害者にはどんな心理があるのか。そして、実際に被害に遭ったときにどう対策すればいいのだろうか。専門家に聞いた。 AERA 2022年6月13日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 職場で増える「いじめ」と「いじり」で傷つく人たち ストレスのはけ口が同僚や部下に

    職場で増える「いじめ」と「いじり」で傷つく人たち ストレスのはけ口が同僚や部下に

    AERA

    6/12

    「職場いじめ」が止まらない パワハラ防止法で変わるのか

    「職場いじめ」が止まらない パワハラ防止法で変わるのか

    週刊朝日

    11/29

  • パワハラを巡り加害者、被害者の認識が食い違う北大 「職場環境の改善が先」と専門家

    パワハラを巡り加害者、被害者の認識が食い違う北大 「職場環境の改善が先」と専門家

    週刊朝日

    7/8

    大人のいじめは“いじり”から深刻化…周囲ができる4つの対処法

    大人のいじめは“いじり”から深刻化…周囲ができる4つの対処法

    AERA

    11/5

  • 平手打ちはNG?怒声はOK? 裁判では認定されにくいパワハラ

    平手打ちはNG?怒声はOK? 裁判では認定されにくいパワハラ

    AERA

    2/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す