日本の防衛力強化、核共有よりすべきは「中国の政策を変えること」専門家が指摘

2022/05/27 08:00

 ロシアによるウクライナ侵攻から3カ月経った。戦争の終わりは見えず、核兵器の使用も現実味を帯びる。そうした中、日本はどう行動すべきなのか。AERA 2022年5月30日号は、国際政治学者の藤原帰一さんに聞いた。

あわせて読みたい

  • どのシナリオでもロシアは勝てない それでも続く戦争の不合理さ

    どのシナリオでもロシアは勝てない それでも続く戦争の不合理さ

    AERA

    5/26

    田原総一朗「“核共有”まで出る戦争前提の防衛力強化は間違いだ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「“核共有”まで出る戦争前提の防衛力強化は間違いだ」

    週刊朝日

    5/18

  • 悪事を正当化するプーチン語録の読み解き「狙いはウクライナ全体の支配」

    悪事を正当化するプーチン語録の読み解き「狙いはウクライナ全体の支配」

    dot.

    2/26

    「プーチンは人格が壊れた指導者」 ロシア政治専門家が語るウクライナ侵攻の「誤算」と核攻撃の可能性

    「プーチンは人格が壊れた指導者」 ロシア政治専門家が語るウクライナ侵攻の「誤算」と核攻撃の可能性

    dot.

    3/10

  • ウクライナ侵攻で増大する「中国の脅威」とは ジョン・ボルトン元米大統領補佐官に聞く

    ウクライナ侵攻で増大する「中国の脅威」とは ジョン・ボルトン元米大統領補佐官に聞く

    AERA

    4/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す