小・中学時代のケガが再発する選手たち…行き過ぎた「勝利至上主義」は自己肯定感も下げる

2022/05/24 08:00

 秀岳館高校サッカー部の暴力問題は、今も勝利至上主義が残る実態を露呈した。スポーツする子どもを守るにはどうすればいいのか。AERA 2022年5月30日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 深刻な「子どもの野球離れ」大人が引き起こす事情

    深刻な「子どもの野球離れ」大人が引き起こす事情

    東洋経済

    1/11

    「体罰は選手ではなくコーチにメリットがあるだけ」 指導者養成の授業で学び合い意識を変革

    「体罰は選手ではなくコーチにメリットがあるだけ」 指導者養成の授業で学び合い意識を変革

    AERA

    5/25

  • 「私なら投げさせた」大船渡・佐々木朗希の登板なしに盛岡大付の前監督、沢田真一氏

    「私なら投げさせた」大船渡・佐々木朗希の登板なしに盛岡大付の前監督、沢田真一氏

    dot.

    7/25

    大反響を呼んだDeNA・筒香のアマ指導者への提言 お母さんたちの心もつかんだ「言葉」とは?

    大反響を呼んだDeNA・筒香のアマ指導者への提言 お母さんたちの心もつかんだ「言葉」とは?

    dot.

    2/3

  • 野球離れ・楽しさ取り戻す「球活」始まる

    野球離れ・楽しさ取り戻す「球活」始まる

    AERA

    6/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す