投資信託は最悪どこまで下がる? S&P500と全世界株式の30年検証

AERAマネー

2022/05/17 17:00

※米国のS&P500(Standard & Poor’s 500 Stock Index)はマイナス52.6%がワースト1。ITバブル崩壊も下落率こそリーマン・ショックより下だが、元の水準に戻るまでの期間は30年間で最長。▲はマイナス
※米国のS&P500(Standard & Poor’s 500 Stock Index)はマイナス52.6%がワースト1。ITバブル崩壊も下落率こそリーマン・ショックより下だが、元の水準に戻るまでの期間は30年間で最長。▲はマイナス

 2021年までの絶好調相場から一転、米国株は2022年に入り軟調といっていい。そもそも株式市場には暴落が付きものだ。アエラ増刊「AERA Money 2022夏号」では、過去30年の実績から見て「どれくらい下がる可能性があるのか」を検証している。

【注目】全世界株式の30年ワースト3

 株価の暴落といえば数年に1回はあるもの。だが暴落が止まらなかったことは一度もない。投資ビギナーはまず、過去の暴落でどのくらい下がったか、どのくらいで回復したかを知っておこう。

 取材をお願いしたのは、セゾン投信代表取締役会長CEOの中野晴啓さん。セゾン投信は「セゾン資産形成の達人ファンド」をはじめとする投資信託(以下、投信)の運用会社だ。同社の運用する3本の投信の資産総額は2022年3月に5000億円を突破した。

 今回は米国株の代表的な株価指数「S&P500」と、世界中の株式に投資する「全世界株式」の値動きを捉えた指数「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」を教材とした。

 それぞれの過去30年の暴落局面を調べてみると、ワースト3は次の通り。3位がやや予想外の結果だった。

1位 リーマン・ショック

2位 ITバブル崩壊

3位 コロナ・ショック 

 最も下落率の大きいリーマン・ショックのとき、「全世界株式」は1年4カ月にわたって56.2%も下落。暴落前の高値を回復するのに6年8カ月かかっている。

 リーマン・ショックの震源地となった米国のS&P500は、1年4カ月かけて52.6%下落、戻るまでに5年5カ月かかった。

「30年以上、資産運用の世界で生きてきた私にとってもリーマン・ショックは過去最大の暴落でした。資産運用の歴史の中では下落率50%超、すなわち投資金額が半値になるような暴落がたまにある、と考えておきましょう」(中野さん)

 下落しはじめてから回復までの期間で見ると、S&P500が2000年のITバブル崩壊以降、6年9カ月かかっているのが最長だ。

NEXT

下落から回復までの期間が最長だったのは?

1 2 3

あわせて読みたい

  • <NISAの出口>60歳で相場暴落なら、積み立てた投資信託どうする?

    <NISAの出口>60歳で相場暴落なら、積み立てた投資信託どうする?

    AERA

    5/16

    米国S&P500の株価「ほぼ100年」検証 ワースト1は世界大恐慌の「84%」暴落

    米国S&P500の株価「ほぼ100年」検証 ワースト1は世界大恐慌の「84%」暴落

    AERA

    8/11

  • 投資信託64%下落… 会社員“億り人”が秘める「リスク許容度」とは

    投資信託64%下落… 会社員“億り人”が秘める「リスク許容度」とは

    AERA

    11/22

    1兆円突破、日本人の「S&P500買い」が止まらない 一方で米国では株価が下落

    1兆円突破、日本人の「S&P500買い」が止まらない 一方で米国では株価が下落

    AERA

    5/24

  • 資産1億円「億り人会社員」に聞いた、投資信託「S&P500 vs 全世界株式」どっち?

    資産1億円「億り人会社員」に聞いた、投資信託「S&P500 vs 全世界株式」どっち?

    AERA

    4/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す