医師はゴム手袋の風船に笑顔を描いた 守りたいのはウクライナ避難民の命と心

2022/04/07 08:00

 ウクライナ侵攻が続く中、避難した人々が辿り着いた周辺国で医療に従事する人々がいる。医師たちが見た避難民の実情とは。AERA 2022年4月11日号から。

あわせて読みたい

  • 自宅に難民を受け入れ、託児所開設に奔走 ポーランドに暮らす20代日本人男性の思い

    自宅に難民を受け入れ、託児所開設に奔走 ポーランドに暮らす20代日本人男性の思い

    AERA

    4/15

    日本でできる“安心”なウクライナ支援 映画やワイン購入も

    日本でできる“安心”なウクライナ支援 映画やワイン購入も

    週刊朝日

    3/16

  • 「難民になりたくない」ウクライナに両親は留まった 日本の受け入れ数325人が示す避難の壁

    「難民になりたくない」ウクライナに両親は留まった 日本の受け入れ数325人が示す避難の壁

    dot.

    4/1

    直木賞作家・中島京子さん ウクライナからの避難民受け入れで感じる難民政策の「ダブルスタンダード」

    直木賞作家・中島京子さん ウクライナからの避難民受け入れで感じる難民政策の「ダブルスタンダード」

    dot.

    3/29

  • 侵攻当日に私は従軍した 20代ウクライナ人医師が語る“武士道”と祖国への思い

    侵攻当日に私は従軍した 20代ウクライナ人医師が語る“武士道”と祖国への思い

    AERA

    4/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す