侵攻当日に私は従軍した 20代ウクライナ人医師が語る“武士道”と祖国への思い

ウクライナ

2022/04/07 08:00

 ロシアによる侵攻が続くウクライナで、避難した人々が辿り着いた場所で、医療に従事する人々がいる。医師たちの立場や選択はさまざまだ。AERA 2022年4月11日号から。

あわせて読みたい

  • 「私はまた前線に行く」 前線を離れ日本に留学したウクライナ人医師の覚悟

    「私はまた前線に行く」 前線を離れ日本に留学したウクライナ人医師の覚悟

    AERA

    2/22

    医師はゴム手袋の風船に笑顔を描いた 守りたいのはウクライナ避難民の命と心

    医師はゴム手袋の風船に笑顔を描いた 守りたいのはウクライナ避難民の命と心

    AERA

    4/7

  • ロシアの侵攻後「月経が6カ月ない」と20歳女性 ウクライナで女性たちの苦悶の声を聞いた

    ロシアの侵攻後「月経が6カ月ない」と20歳女性 ウクライナで女性たちの苦悶の声を聞いた

    dot.

    12/15

    平和だったロシア国境付近の村が1年で一変 ウクライナ国内で停戦を求める声少なく、長期化の可能性も

    平和だったロシア国境付近の村が1年で一変 ウクライナ国内で停戦を求める声少なく、長期化の可能性も

    AERA

    2/22

  • ロシアを「内と外」から多角的に知ることができる 歴史研究者が選ぶ「映画・小説」7選

    ロシアを「内と外」から多角的に知ることができる 歴史研究者が選ぶ「映画・小説」7選

    AERA

    8/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す