『アンネの日記』が現代の物語として映画に 悲劇的な運命は思わぬ展開へ広がり、難民問題を問う

2022/03/15 11:00

『アンネの日記』が驚きのイマジネーションで生まれ変わった。映画「アンネ・フランクと旅する日記」。ホロコーストの記憶を受け継ぐアリ・フォルマン監督が、作品に込めた思いとは。AERA2022年3月21日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • ホロコースト演劇資料のアーカイブ開設

    ホロコースト演劇資料のアーカイブ開設

    Billboard JAPAN

    10/7

    105歳“ユダヤ人の私”が語るナチス前夜 「人々がヒトラーを受け入れた」

    105歳“ユダヤ人の私”が語るナチス前夜 「人々がヒトラーを受け入れた」

    週刊朝日

    11/20

  • 「ナチス映画」から考える セクハラのある現代で大切な女性の行動

    「ナチス映画」から考える セクハラのある現代で大切な女性の行動

    AERA

    1/6

    「愛とは常に危険にさらされているもの」 神話と現実を行き来する、幻想的な物語

    「愛とは常に危険にさらされているもの」 神話と現実を行き来する、幻想的な物語

    AERA

    3/24

  • 夢の国? 紛争地の難民「バルカンルート」でドイツを目指す理由

    夢の国? 紛争地の難民「バルカンルート」でドイツを目指す理由

    AERA

    9/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す