オミクロン株、対面せずとも感染の可能性 専門家が語る“とるべき対策”とは

新型コロナウイルス

2021/12/09 08:00

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」が世界に波紋を広げている。従来株よりも感染力が強い可能性があるというが、ワクチンや既存の治療薬は効果があるのだろうか。AERA 2021年12月13日号から。

あわせて読みたい

  • 「オミクロン株」の実態 デルタより広がる可能性に各国ではブースター接種呼びかけも

    「オミクロン株」の実態 デルタより広がる可能性に各国ではブースター接種呼びかけも

    AERA

    12/8

    ワクチン2回で予防効果は推計「0」…対オミクロン、ブースターまで時間稼ぎが必要

    ワクチン2回で予防効果は推計「0」…対オミクロン、ブースターまで時間稼ぎが必要

    AERA

    12/29

  • ブースター接種でオミクロン株の抗体25倍 2回でも重症化を防ぐ調査結果も

    ブースター接種でオミクロン株の抗体25倍 2回でも重症化を防ぐ調査結果も

    AERA

    12/15

    新型コロナ オミクロン対応のワクチン接種前に、副反応、後遺症が心配な方向けの感染予防策

    新型コロナ オミクロン対応のワクチン接種前に、副反応、後遺症が心配な方向けの感染予防策

    PR TIMES

    11/28

  • オミクロン対応ワクチンの「実力」と副反応  中和抗体は1.5~1.7倍 

    オミクロン対応ワクチンの「実力」と副反応  中和抗体は1.5~1.7倍 

    AERA

    9/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す