低出生体重児の成長も祝福を 発達の個人差を考慮した「新しい母子手帳」への動き

2021/11/18 11:00

 2500グラム未満で生まれた「低出生体重児」の家族は、発達の不安を抱え、孤立してしまいがちだ。自治体をはじめ親自身や関係者も、支援に動き出している。AERA 2021年11月22日号から。

あわせて読みたい

  • 眞子さまの母子手帳を国際会議に… 紀子さまも助けられた「母子手帳」が世界で共感される理由

    眞子さまの母子手帳を国際会議に… 紀子さまも助けられた「母子手帳」が世界で共感される理由

    AERA

    1/17

    小さく生まれた赤ちゃんの母親 母乳止まりうつに…退院後も発達の不安抱え孤独

    小さく生まれた赤ちゃんの母親 母乳止まりうつに…退院後も発達の不安抱え孤独

    AERA

    11/17

  • 日本独自の「母子手帳」 「母」に子育て押し付けていません?
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    日本独自の「母子手帳」 「母」に子育て押し付けていません?

    AERA

    9/24

    「母子手帳」が電子化されているアメリカ 健診・予防接種は手ぶらでOK
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    「母子手帳」が電子化されているアメリカ 健診・予防接種は手ぶらでOK

    AERA

    9/10

  • 500gで生まれた息子は「生きよう」と、もがいた……256日間の記録

    500gで生まれた息子は「生きよう」と、もがいた……256日間の記録

    dot.

    10/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す