ネットの誹謗中傷は「小学生から教育が必要」 厳罰化すすむも「抑止効果はない」との指摘も

2021/11/06 11:00

 近年、問題視されているネット上の誹謗中傷。東京・池袋の乗用車暴走事故では、受刑者がネット上で激しく批判されたことが社会的制裁として考慮され、量刑軽減の理由の一つにもなった。この事故で妻子を亡くした松永拓也さん(35)は「過度な制裁によって減刑になったことは悲しく思っています」と話す。一方で、こうした現状を改善する対策も始まっている。AERA 2021年11月8日号で取材した。

あわせて読みたい

  • 暴走事故の受刑者への誹謗中傷「僕自身、望んでいません」 妻子亡くした被害者遺族が語る

    暴走事故の受刑者への誹謗中傷「僕自身、望んでいません」 妻子亡くした被害者遺族が語る

    AERA

    11/7

    「家族も死刑」“ネットリンチ”が暴走事故の減刑理由に 被害者遺族「悲しく思っています」

    「家族も死刑」“ネットリンチ”が暴走事故の減刑理由に 被害者遺族「悲しく思っています」

    AERA

    11/5

  • 炎上で「イナゴの大群」に SNSの誹謗中傷 発信者を特定する正義とリスク

    炎上で「イナゴの大群」に SNSの誹謗中傷 発信者を特定する正義とリスク

    AERA

    6/10

    家族がネットで誹謗中傷されたらどうする? 専門家が指摘する“証拠残し”のポイント

    家族がネットで誹謗中傷されたらどうする? 専門家が指摘する“証拠残し”のポイント

    AERA

    12/13

  • 消えないネット上の誹謗中傷 前衆議院議員・前川恵が語る“被害者”としての思い

    消えないネット上の誹謗中傷 前衆議院議員・前川恵が語る“被害者”としての思い

    dot.

    6/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す