郵便局長が邁進する郵便局舎「投資」 もうけが流れる先にある団体の存在

2021/09/16 08:00

 新たに移転する郵便局の不動産を、郵便局長たちが買い漁っている。日本郵便が土地などを直に取得できないよう地主に働きかける例もある。賃料収入を元手に得た「もうけ」が流れる先には、ある団体の存在が──。AERA 2021年9月20日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「選挙の得票を稼がなければ、出世に響くかも」不祥事続出の郵便局長の闇を暴く

    「選挙の得票を稼がなければ、出世に響くかも」不祥事続出の郵便局長の闇を暴く

    dot.

    9/12

    郵政の商法は高値買い?日本郵政グループ、野村不動産買収に動く

    郵政の商法は高値買い?日本郵政グループ、野村不動産買収に動く

    AERA

    5/24

  • かんぽ問題で「不正」認めた上司は2人! 現場に厳罰で上司に甘い「日本郵政」は再生できるのか

    かんぽ問題で「不正」認めた上司は2人! 現場に厳罰で上司に甘い「日本郵政」は再生できるのか

    dot.

    5/1

    コロナショックで「郵便局」破綻の可能性が…貯金、保険はどうなる?

    コロナショックで「郵便局」破綻の可能性が…貯金、保険はどうなる?

    dot.

    7/18

  • 10億円超”詐取”した長崎元郵便局長の浪費癖  豪華別荘、クラブで豪遊、ゴルフ三昧

    10億円超”詐取”した長崎元郵便局長の浪費癖  豪華別荘、クラブで豪遊、ゴルフ三昧

    dot.

    4/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す