パラ「学校連携観戦」に障害ある子の母が本音 「『障害があっても努力で乗り越えられる』と思われると…」

2021/09/11 17:00

 9月5日に閉幕したパラリンピック。多彩なパラアスリートたちの活躍が注目されたが、一方で経済的な理由から出場をあきらめる選手がいるなど、実は各国の経済格差もにじむ。そして日本にも、パラスポーツをめぐる課題は少なくない。AERA 2021年9月13日号で取材した。

あわせて読みたい

  • 東京パラリンピックで日本勢の金メダル13個のうち6個が静岡県出身者だった理由

    東京パラリンピックで日本勢の金メダル13個のうち6個が静岡県出身者だった理由

    AERA

    9/5

    堀潤 ある人が教えてくれた“障害者”という言葉の意味に「目からうろこが落ちる思い」

    堀潤 ある人が教えてくれた“障害者”という言葉の意味に「目からうろこが落ちる思い」

    dot.

    12/4

  • ANAも採用する「パラスポーツ研修」 コミュ力UPに一役

    ANAも採用する「パラスポーツ研修」 コミュ力UPに一役

    AERA

    8/5

    車椅子でも「みんな同じ子ども」 障害のある子を持つ母がハッとした留学生の言葉
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    車椅子でも「みんな同じ子ども」 障害のある子を持つ母がハッとした留学生の言葉

    AERA

    9/14

  • パラリンピックが障害者を追い詰める? 理解示すことに「酔っている」の声も

    パラリンピックが障害者を追い詰める? 理解示すことに「酔っている」の声も

    AERA

    2/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す