内田樹「児童生徒の夢を管理したがる文科省 最短距離・最短時間=最善ではない」

eyes 内田樹

内田樹

2021/05/19 07:00

 哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。

あわせて読みたい

  • 内田樹「合同墓の恒例行事『お墓見』に人類学的真理の不変さを思う」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「合同墓の恒例行事『お墓見』に人類学的真理の不変さを思う」

    AERA

    9/29

    内田樹「コロナによる授業の詰め込みで、学校が“荒れている”のではないか」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「コロナによる授業の詰め込みで、学校が“荒れている”のではないか」

    AERA

    2/3

  • 内田樹「AI時代に食いっぱぐれない仕事は『人手が必要な領域』である」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「AI時代に食いっぱぐれない仕事は『人手が必要な領域』である」

    AERA

    12/22

    内田樹「以前にもあった『たいへんな時代』のおかげで現状に絶望せずに済んでいる」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「以前にもあった『たいへんな時代』のおかげで現状に絶望せずに済んでいる」

    AERA

    4/28

  • 内田樹「南北統一の夢を描いた『愛の不時着』は歴史的貢献に値する」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「南北統一の夢を描いた『愛の不時着』は歴史的貢献に値する」

    AERA

    7/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す