伝統に新しいアイデアを組み合わせてもっと美味しく 精進料理人・野村大輔<現代の肖像>

2021/05/12 17:00

「shojin宗胡」オーナーシェフ、野村大輔。肉も魚も乳製品も使わず、植物性食品だけで作られた精進料理。味気ないという印象を覆す精進料理を作るのが野村大輔である。幼い頃から祖母や親に連れられて、名店で外食をするのが日常。中学時代は友人と「美食倶楽部」を作り、食べ歩いた。確かな舌を持つ野村が作る精進料理は、見た目も美しい。使える食材が限られる中、日々、新しい料理を生み出していく。

あわせて読みたい

  • 精進料理を世界に伝える70代 バイタリティーの源

    精進料理を世界に伝える70代 バイタリティーの源

    週刊朝日

    9/2

    秋葉原にカフェも!! 「精進料理界のサラブレッド」が考案したレシピとは

    秋葉原にカフェも!! 「精進料理界のサラブレッド」が考案したレシピとは

    BOOKSTAND

    6/19

  • 女人禁制、入会審査も難関 スペインにある「美食倶楽部」

    女人禁制、入会審査も難関 スペインにある「美食倶楽部」

    週刊朝日

    8/23

    年間200軒のカレーを食べ歩くホフディラン小宮山雄飛さんが語る“カレーの極意”

    年間200軒のカレーを食べ歩くホフディラン小宮山雄飛さんが語る“カレーの極意”

    AERA

    7/22

  • 「禅」の味に触れる はじめての精進料理

    「禅」の味に触れる はじめての精進料理

    週刊朝日

    5/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す