「最悪のタイミング」 原発処理水放出決定に「福島を支える知恵もっと絞るべき」と批判集中

原発

2021/04/23 08:00

 原発事故から10年。ついに、処理水の海洋放出が決定した。だが、この時期の決定は正しかったのか。国内外への「風評」の影響も大きい。AERA2021年4月26日号に掲載された記事で、福島のリアルな声を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「7千円のヒラメ放り投げた」 相馬市の本格操業を阻むコロナ禍とトリチウム処理水の海洋放出問題

    「7千円のヒラメ放り投げた」 相馬市の本格操業を阻むコロナ禍とトリチウム処理水の海洋放出問題

    AERA

    8/23

    震災10年の福島に迫る汚染水放出で「生きるか死ぬか」と悲鳴 消えない風評被害と闘う地元漁師の苦悩

    震災10年の福島に迫る汚染水放出で「生きるか死ぬか」と悲鳴 消えない風評被害と闘う地元漁師の苦悩

    AERA

    1/7

  • 福島第一原発“処理水”海洋放出 地元が猛反発しても国は放出ありき

    福島第一原発“処理水”海洋放出 地元が猛反発しても国は放出ありき

    週刊朝日

    6/26

    「風評被害という言葉使いたくない」 コロナ禍やトリチウム処理水問題を福島の漁師はどう乗り越えるのか

    「風評被害という言葉使いたくない」 コロナ禍やトリチウム処理水問題を福島の漁師はどう乗り越えるのか

    AERA

    8/24

  • カンニング竹山 原発処理水海洋放出は保留 いま話し合わないでどうすんの?
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    カンニング竹山 原発処理水海洋放出は保留 いま話し合わないでどうすんの?

    dot.

    10/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す