日本の食品ロス量は世界6位、アジアで1位と不名誉な実態 削減加速のカギとは?

2021/03/27 16:00

 今、食品ロス問題と向き合うベンチャーの活躍が目立っている。日本社会にロス削減の意識が高まる一方で、日本の食品ロス量は世界6位、アジアで1位という試算もある。どうすればロス削減を加速させられるのか。AERA 2021年3月29日号から。

あわせて読みたい

  • 廃棄予定の一級品フルーツを急速冷凍で販売 「食品ロス」に挑むベンチャーの旗手たち

    廃棄予定の一級品フルーツを急速冷凍で販売 「食品ロス」に挑むベンチャーの旗手たち

    AERA

    3/27

    通常品より人気あり? 自動販売機で食品ロスをお得に減らす取り組みが「三方よし」

    通常品より人気あり? 自動販売機で食品ロスをお得に減らす取り組みが「三方よし」

    AERA

    7/18

  • ローソン社長・竹増貞信「AIも駆使して食品ロス削減へ!」
    筆者の顔写真

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「AIも駆使して食品ロス削減へ!」

    AERA

    1/25

    3分の1の食糧が捨てられ、9人に1人が餓死する世界 “食品ロス”の矛盾

    3分の1の食糧が捨てられ、9人に1人が餓死する世界 “食品ロス”の矛盾

    AERA

    9/26

  • なぜ日本の食品ロスは多いのか、理由は食品業界のある慣習

    なぜ日本の食品ロスは多いのか、理由は食品業界のある慣習

    AERA

    12/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す