BTSの落選でグラミー賞の選考に疑問 多様化する音楽業界で露呈する“一周遅れ感”

2021/03/29 11:30

 世界的な大ヒットを飛ばしたBTSの受賞なるか──。注目されたグラミー賞の行方は、「受賞ならず」で終わった。多様性や環境変化などに対応しきれていないグラミー賞の限界も垣間見える。AERA2021年3月29日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • BTS、グラミー逃した理由は「中年以上の白人が多い会員の主観」 それでもファンは落胆より称賛

    BTS、グラミー逃した理由は「中年以上の白人が多い会員の主観」 それでもファンは落胆より称賛

    BTS

    AERA

    4/14

    作曲家ユーディ・ワイナーがアメリカ芸術文学アカデミーの会長に

    作曲家ユーディ・ワイナーがアメリカ芸術文学アカデミーの会長に

    Billboard JAPAN

    2/17

  • BTS、グラミー賞授賞式ステージでパフォーマンス披露へ

    BTS、グラミー賞授賞式ステージでパフォーマンス披露へ

    Billboard JAPAN

    1/24

    今年アカデミー賞主題歌賞を受賞した『グローリー/明日への行進』が、2016年1月にDVDリリースが決定

    今年アカデミー賞主題歌賞を受賞した『グローリー/明日への行進』が、2016年1月にDVDリリースが決定

    Billboard JAPAN

    9/18

  • BTS、【グラミー賞】直前にMusiCaresのヴァーチャル・イベントに出演決定

    BTS、【グラミー賞】直前にMusiCaresのヴァーチャル・イベントに出演決定

    Billboard JAPAN

    3/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す