推しを推すことで息苦しさを乗り越えていく 宇佐見りんが語る「推し」の意味

2021/03/18 11:32

 推しを推すことで日常の息苦しさを乗り越えていく。そんなストーリーが描かれた芥川賞受賞作品『推し、燃ゆ』。2021年3月22日号では、『推し、燃ゆ』の著者・宇佐見りんさんが著書や自身の「推し」への思いなどを語った。

あわせて読みたい

  • 【「本屋大賞2021」候補作紹介】『推し、燃ゆ』――推しに一方的な愛情を注ぐ少女をあざやかな言語感覚で描き出す

    【「本屋大賞2021」候補作紹介】『推し、燃ゆ』――推しに一方的な愛情を注ぐ少女をあざやかな言語感覚で描き出す

    BOOKSTAND

    2/18

    3月15日発売のAERAは月に1度の大好評連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」を掲載/先生は写真家の川島小鳥さん

    3月15日発売のAERAは月に1度の大好評連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」を掲載/先生は写真家の川島小鳥さん

    3/12

  • 推し、燃ゆ

    推し、燃ゆ

    週刊朝日

    2/12

    “良い子”は演じない 芥川賞作家・宇佐見りんが執筆で大切にしていること

    “良い子”は演じない 芥川賞作家・宇佐見りんが執筆で大切にしていること

    AERA

    3/16

  • 60代でBTSファンに 「推し活」とシニアが相性のいい理由

    60代でBTSファンに 「推し活」とシニアが相性のいい理由

    週刊朝日

    6/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す