【震災10年】住民が震災前の1割に満たない浪江町が目指す「水素の地産地消」

東日本大震災

2021/02/28 08:02

 震災から10年を迎える福島県で、2050年の「ゼロカーボンシティ」実現を目指す動きが始まった。AERA 2021年3月1日号では、地球環境と地域の再興のために新エネルギー事業に取り組む街を取材した。

あわせて読みたい

  • 専門家「燃料電池車は本当にエコと言えるのか」疑問の理由

    専門家「燃料電池車は本当にエコと言えるのか」疑問の理由

    週刊朝日

    10/23

    まるで現代の錬金術?! 温室効果ガス実質ゼロの鍵を握る「人工光合成」とは

    まるで現代の錬金術?! 温室効果ガス実質ゼロの鍵を握る「人工光合成」とは

    dot.

    1/2

  • CO2排出量が少ない市町村ランキング 意外、東京・小金井3位

    CO2排出量が少ない市町村ランキング 意外、東京・小金井3位

    週刊朝日

    9/2

    東北で生まれる新たなビジネス 原発事故で一時は町を出た企業が福島に戻ってきた理由

    東北で生まれる新たなビジネス 原発事故で一時は町を出た企業が福島に戻ってきた理由

    AERA

    2/27

  • 過ち認め原発ゼロへ「安全第一はウソだった」 小泉純一郎元首相・独占インタビュー

    過ち認め原発ゼロへ「安全第一はウソだった」 小泉純一郎元首相・独占インタビュー

    AERA

    3/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す