「誤解されるくらいなら…」鈴木保奈美、初のエッセー集で“自分公認の自分”さらけ出す (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「誤解されるくらいなら…」鈴木保奈美、初のエッセー集で“自分公認の自分”さらけ出す

古谷ゆう子AERA#読書
鈴木保奈美(すずき・ほなみ)/俳優。1966年生まれ。86年俳優デビュー。おもにテレビドラマ、映画を中心に活動。20代の頃からファッション誌などでエッセーの執筆を始める。出演した映画「おとなの事情 スマホをのぞいたら」が全国公開中(撮影/今村拓馬)

鈴木保奈美(すずき・ほなみ)/俳優。1966年生まれ。86年俳優デビュー。おもにテレビドラマ、映画を中心に活動。20代の頃からファッション誌などでエッセーの執筆を始める。出演した映画「おとなの事情 スマホをのぞいたら」が全国公開中(撮影/今村拓馬)

 AERAで連載中の「この人この本」では、いま読んでおくべき一冊を取り上げ、そこに込めた思いや舞台裏を著者にインタビュー。「書店員さんオススメの一冊」では、売り場を預かる各書店の担当者がイチオシの作品を挙げています。

 鈴木保奈美さんによる初のエッセー集『獅子座、A型、丙午。』で描かれているのは、日常のちょっとした疑問と、驚き、怒り、負けじ魂。たっぷりのユーモアに、毒も少々盛り込んだ初エッセー集だ。著者の鈴木さんに、同著に込めた思いを聞いた。

*  *  *
 リズミカルな文章を前に、心のなかで激しく相槌(あいづち)を打つ。映像作品を観ているだけではわからなかった。鈴木保奈美さん(54)がこんなにも軽やかで飾らない人だったとは。

『獅子座、A型、丙午。』は、鈴木さんの初のエッセー集。「ちょっと面白い話があったから聞いて」と、友人に話しかけるような感覚を大切に書き連ねた作品だ。

 実は子役と接するのが苦手だったこと、娘の貯金を預けようと銀行に行くも硬貨を勢いよく投入し、ATMを壊してしまった日のこと……。流れていってしまいそうな日常に目を向け、自らをさらけ出す。その姿が清々しい。

「いまの時代、積極的に自分を出そうとしなくても、さまざまな形で覗かれてしまう。誤解されるくらいなら『自分公認の自分』を出していったほうが納得できる。そんな気持ちもあったのかな」

 エピソードは、一つあたり1300字ほど。頭のなかにためていたフレーズを組み合わせ、2時間ほどで書き上げる。自身、書店で本を選ぶ際は1ページ目の1行目を読んで購入するかどうかを決める。だからこそ、書き出しにはこだわった。

「奇をてらい過ぎて『あ、狙いにいっているな』と自分で思うときもありますけれど(笑)。書き出すといろいろと尾ひれをつけたくなって、そこから広がっていく」

 小学校の頃から文章を書くことが好きで、学級新聞も進んで取り組んでいた。出来事を自分なりの言葉で表現し、分析していくのが好きだったのではないか、といまは思う。思考を縦横無尽に広げていく様子は本書のなかでも描かれている。たとえば友人の息子の恋人がきちんとお皿を洗う子だった、という会話からは「前時代的な話をしていたのでは?」と自らに問いかけ、考えを巡らせる。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい