遺伝性の病気で視力失い母にひどい言葉をかけた過去 ゴールボール日本代表が「居場所」を取り戻すまで

2021/01/30 17:00

 文子のサポートもあって東洋大学社会学部社会福祉学科へ入学し、練習と両立しながら猛勉強して4年で卒業。現在は社会人としてゴールボール体験などの啓発活動や講演にも力を入れている。山口は高校2年の時、全国盲学校弁論大会で優勝しているほどの話し上手。講演はとても楽しく、人気だ。

 母と一緒の時の山口は照れもあってか、母の発言に茶々を入れてみたり、話しかけられてもわざと生返事をしてみたり、あまり素直に自分の思いを語ろうとはしない。しかし講演での山口は、とても率直に自分の気持ちを話す。遺伝性の病気だと知った時、母にひどい言葉をかけてしまって悔やんでいること。自分がやりたいと言ったことを決して否定せずいつも可能性を探ってくれて、仕事をしながら常に自分をサポートしてくれた両親に感謝していること──。

 東京パラリンピック日本代表内定選手に選出された時、文子は「それはそれはうれしかった」という。

「あの子自身は何も変わらないけれど、みんなから認めてもらえたことは親としてとても誇らしく思います。応援してくれるたくさんの方たちに、恩返しをしてほしい」

 山口も気持ちは同じだ。

「全身全霊でプレーし、結果を出してすべての方々に感謝の思いを伝えたい」

(文中敬称略)(ライター・川村章子)

AERA 2021年2月1日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 両足のひざ下を切断…兄の事故をきっかけに「義肢装具士」の道へ 藤田兄弟の絆

    両足のひざ下を切断…兄の事故をきっかけに「義肢装具士」の道へ 藤田兄弟の絆

    AERA

    1/29

    パラアーチェリー日本代表にパートナーが触れて驚いた「素質」とは 誰もが知る事故から生還し大舞台へ

    パラアーチェリー日本代表にパートナーが触れて驚いた「素質」とは 誰もが知る事故から生還し大舞台へ

    AERA

    1/31

  • 【リオ五輪注目選手】美女ラガール・山口真理恵 彼女が輝けば、金メダルも夢ではない!

    【リオ五輪注目選手】美女ラガール・山口真理恵 彼女が輝けば、金メダルも夢ではない!

    dot.

    7/31

    森保ジャパンに「新たな攻撃オプション」  時を経て開通した”青赤ライン”【河治良幸】

    森保ジャパンに「新たな攻撃オプション」 時を経て開通した”青赤ライン”【河治良幸】

    dot.

    1/19

  • 東アジアカップ ハリルJ、韓国にドロー 選手レベルの“戦術転換”に光明

    東アジアカップ ハリルJ、韓国にドロー 選手レベルの“戦術転換”に光明

    dot.

    8/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す