ガチャガチャ第3次ブーム真っ盛り! 55年の歴史と進化の分析で人気の秘密がわかった (3/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ガチャガチャ第3次ブーム真っ盛り! 55年の歴史と進化の分析で人気の秘密がわかった

石田かおるAERA
「ガチャガチャの森」は全国のショッピングモールなどに直営店が39店ある。平均価格は1個300円/2020年12月1日、東京・池袋(撮影/写真部・張溢文)

「ガチャガチャの森」は全国のショッピングモールなどに直営店が39店ある。平均価格は1個300円/2020年12月1日、東京・池袋(撮影/写真部・張溢文)

「ガチャガチャ」の55年【1】(AERA 2021年1月11日号より)

「ガチャガチャ」の55年【1】(AERA 2021年1月11日号より)

「ガチャガチャ」の55年【2】(AERA 2021年1月11日号より)

「ガチャガチャ」の55年【2】(AERA 2021年1月11日号より)

 94年、第2次ブームの引き金となったのは、バンダイが発売した「HGシリーズ ウルトラマン」だ。長年カプセルトイビジネスに携わり、日本ガチャガチャ協会を立ち上げた小野尾勝彦さん(55)は言う。

「それまでガチャガチャのフィギュアは単色だったのが彩色され、レベルも高くなった。ディズニーも加わり、大人も巻き込む第2次ブームが起きました」

「開運!なんでも鑑定団」の放送が始まり、大人のカプセルトイコレクターも出始めた。

■「フチ子」が火を付けた

 さらに販売機の進歩も市場拡大を後押しした。95年、ユージン(現タカラトミーアーツ)が上下2台一体型の「スリムボーイ」を発売する。

「当時100円機と200円機はバラバラでしたが、スリムボーイはどちらにも対応できる仕様になっていました。商品補充や集金の手間も簡便にしたため、手軽に売り場におけるようになり販路が拡大しました」(小野尾さん)

 販売機は電源がいらないため、置くだけで売り場ができる。大人のブームを受け、ヴィレッジヴァンガードなどのサブカルショップが設置。その後、ファストフード店やファミレスなどにも広がっていく。

 日本ガチャガチャ協会の調べでは、カプセルトイの市場規模は19年が380億~400億円。毎月約300シリーズが登場する。メーカーは約30社あるが、シェアの約8割をバンダイ、タカラトミーアーツの大手2社が占め、残り2割は中小のメーカーがしのぎを削る。

 今に続く第3次ブームに火を付けたのは、従来のガチャガチャのコア購入者でない女性たちだった。12年、キタンクラブがマンガ家のタナカカツキさんとコラボした「コップのフチ子」がヒット。SNSを通じて広がり、これまでに累計5千万個以上を売り上げた。キタンクラブを主宰する古屋大貴さん(45)は語る。

「立体のサンプルをおこした瞬間、『これは売れる』と確信しました。いいものは説明がいらない。コップのふちに座るという発想も斬新でした」


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい