コロナ禍の「保活」の苦悩 わずか10分の見学、ママ友情報も入手できず…

2020/12/18 08:02

 子どもを保育園に入れるための“保活”が、コロナ禍で様変わりしている。園の見学やママ友の情報入手がままならず、親たちは自分に合った園を見つけることに苦戦している。AERA 2020年12月21日号で掲載された記事から。

あわせて読みたい

  • コロナ禍の「保活」は園の見学できなくても 近くの公園や求人サイトを要チェック

    コロナ禍の「保活」は園の見学できなくても 近くの公園や求人サイトを要チェック

    AERA

    12/20

    「入園か感染リスクか」悩む親たち 4月入園でも復職を遅らせて休園申請の決断も

    「入園か感染リスクか」悩む親たち 4月入園でも復職を遅らせて休園申請の決断も

    AERA

    12/19

  • 「ママ友にうかつに戦略漏らせない」今年も全国の母親が“保活”に悲鳴

    「ママ友にうかつに戦略漏らせない」今年も全国の母親が“保活”に悲鳴

    AERA

    3/1

    保活に奔走する女性 保育課での腑に落ちない一言

    保活に奔走する女性 保育課での腑に落ちない一言

    AERA

    7/16

  • 「保活」の理不尽 0歳4月に入園するため帝王切開での出産1カ月早める

    「保活」の理不尽 0歳4月に入園するため帝王切開での出産1カ月早める

    AERA

    8/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す