のん、気合入れて「行け―!」で表現した心の闇 映画「私をくいとめて」ができるまで

2020/12/11 11:32

 綿矢りさの小説『私をくいとめて』を、大九明子監督が映画化した。ヒロインを演じたのはのんだ。脳内の相談役Aと平和に暮らしていたが、ある日恋に落ちることになる。のん、大九明子、綿矢りさの3人が語り合った。AERA 2020年12月14日号から。

あわせて読みたい

  • 綿矢りさ『私をくいとめて』がのんさん、林遣都さん初共演で映画化決定!

    綿矢りさ『私をくいとめて』がのんさん、林遣都さん初共演で映画化決定!

    7/22

    日本映画批評家大賞は「星の子」が作品賞、「私をくいとめて」のんが主演女優賞

    日本映画批評家大賞は「星の子」が作品賞、「私をくいとめて」のんが主演女優賞

    dot.

    3/11

  • 綿矢りさ、夫は「シーサーに似てるかな」 結婚生活を語る

    綿矢りさ、夫は「シーサーに似てるかな」 結婚生活を語る

    週刊朝日

    12/24

    芥川賞W受賞から13年 綿矢りさ×金原ひとみ対談

    芥川賞W受賞から13年 綿矢りさ×金原ひとみ対談

    週刊朝日

    2/7

  • 芥川賞同時受賞から13年後、今度は新作を同時発売 金原ひとみと綿矢りさのいま

    芥川賞同時受賞から13年後、今度は新作を同時発売 金原ひとみと綿矢りさのいま

    AERA

    2/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す