「おいしい」「飽きない」1週間で6キロ減 進化版「脂肪燃焼スープ」ダイエットを実践! (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「おいしい」「飽きない」1週間で6キロ減 進化版「脂肪燃焼スープ」ダイエットを実践!

上栗崇,浅野陽子AERA#ヘルス
AERA 2020年12月7日号より

AERA 2020年12月7日号より

 本誌記事で大反響を呼んだ脂肪燃焼スープが、進化して帰ってきた。和洋中の3種類になったことで飽きを防げ、味も効果もアップ。以前「口に合わない」「飽きる」と悩んでいたあなたでも大丈夫だ。AERA 2020年12月7日号では、前回に続きアエラのデブデスクがその効果を体感し、7日間で体重5.5キロ減を達成した。

【写真】進化版「和洋中3種の脂肪燃焼スープ」レシピはこちら

*  *  *
 進化版の脂肪燃焼スープを使ったダイエットに、アエラの「デブデスク」こと、副編集長の上栗崇(45)がチャレンジした。

 前回、脂肪燃焼スープにチャレンジしたときの体重は100.8キロ。そこから6キロ減に成功したが、2日目の夜あたりからスープを食べるのが苦痛でカレー粉などの力を借りて乗り切った。筆者は元々食い道楽で料理が趣味。たとえおいしかったとしても同じものを続けて食べたくない。

 だが今回は3種類。しかもレシピを見るとどれも普通においしそうだ。洋風と中華風に至ってはハムや肉団子が入っているけど、これで本当に痩せるのだろうか。今回、スタート時の体重は94.4キロ。目標はずばり、夢の80キロ台だ。

 1~2日目は和風スープ。普段あまりやらないごぼうのささがきに手間取ったものの、できあがったスープは具だくさんのけんちん汁(みそは入ってないけど)といった風情で香りも食欲をそそる。いただきます。

 いやこれ、うまいです。舞茸、にんじん、大根、ごぼう……。食感がバラエティーに富んでいて、もぐもぐ食べ進んでしまう。ちょっとだけ油揚げとか鶏肉とか入れたいなぁと思いつつ、野菜1キロ分を2日であっさり完食。そして体重は2キロ減。順調だ。ちょっとごぼうとしょうがのにおいが鼻についてきたけど、明日から違うスープだからノープロブレム!


 3~5日目は洋風スープ。レシピでは顆粒の洋風だしだったけど、ここは冷凍してあった地鶏ガラのスープストックを投入する。キャベツはかなり大きく切り、ハムはスライスではなく拍子木切りに。見た目、完全にポトフです。鶏ガラの効果なのか、相当多めに入れたしょうがのにおいが引っ込み、全体を支えるベースになっている感じ。鍋の前でぐうぅとおなかが鳴る。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい