グーグルのコロナ予測と「8割おじさん」の被害想定 悲観シナリオ「感染抑止」に意義

新型コロナウイルス

2020/12/01 11:32

 自治体などが連日発表する陽性者数は「これまで」を把握するのに必要だ。しかし、グーグルが公表したのは「これから」の数値。予測には、意義がある。AERA 2020年12月7日号から。

あわせて読みたい

  • 「8割おじさん」のはち切れそうなシャツから妻が感じたサイン 西浦博<現代の肖像>

    「8割おじさん」のはち切れそうなシャツから妻が感じたサイン 西浦博<現代の肖像>

    AERA

    9/23

    激減した東京の陽性率「5.9%」 報告漏れ、二重計上など相次ぎ、信用できるのか? 専門家が解説

    激減した東京の陽性率「5.9%」 報告漏れ、二重計上など相次ぎ、信用できるのか? 専門家が解説

    週刊朝日

    5/13

  • 感染リスク高い場所は断トツ「レストラン」 会食リスク 9800万人のデータで判明

    感染リスク高い場所は断トツ「レストラン」 会食リスク 9800万人のデータで判明

    AERA

    12/2

    乳がんに「国民性」? 日本人と欧米人の違い

    乳がんに「国民性」? 日本人と欧米人の違い

    AERA

    7/15

  • 第6波は「年明け」か ワクチン3回目の備え「日本は遅れている」と専門家が懸念

    第6波は「年明け」か ワクチン3回目の備え「日本は遅れている」と専門家が懸念

    AERA

    10/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す