コロナ終息せず住まいの“命綱”期限迫る…12月以降に「路頭に迷う」懸念とは?

2020/11/12 07:02

 コロナ禍での生活困窮者へ支援の期限が迫っている。「命綱」がなくなれば、年明けには路頭に迷う人が増えることが懸念される。AERA 2020年11月16日号から。

あわせて読みたい

  • 「まさか、家をなくすとは…」コロナで住宅ローン払えずに競売通告 年末にさらに増える見込みも

    「まさか、家をなくすとは…」コロナで住宅ローン払えずに競売通告 年末にさらに増える見込みも

    AERA

    10/17

    新型コロナで増える「住居喪失」 給付金申請の大幅増で相談員がバーンアウトする理由

    新型コロナで増える「住居喪失」 給付金申請の大幅増で相談員がバーンアウトする理由

    AERA

    10/18

  • 「水だけで3日」「冬なら死んでいた」コロナ禍に家を失う若年層増加の現実

    「水だけで3日」「冬なら死んでいた」コロナ禍に家を失う若年層増加の現実

    AERA

    11/11

    生活保護の申請「扶養照会」がハードルに DV加害者の元夫に連絡、身の危険を感じたメール

    生活保護の申請「扶養照会」がハードルに DV加害者の元夫に連絡、身の危険を感じたメール

    AERA

    3/21

  • 夏以降「家まで失う人が増える」の声も コロナ禍であぶり出される貧困

    夏以降「家まで失う人が増える」の声も コロナ禍であぶり出される貧困

    AERA

    6/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す