わいせつ教員、逮捕されても別の自治体で再び教壇に 被害者ら「刑罰の軽さ」を問題視

2020/10/29 07:00

 教員による児童生徒への性犯罪が後を絶たない。背景には刑罰の軽さがある。再犯率が高いにもかかわらず、逮捕後も教育職員免許の再取得や別の自治体で再就職も可能だ。AERA 2020年11月2日号から。

あわせて読みたい

  • わいせつ教員「復帰するな」に署名5万筆、性欲満たすために教員になる者も……

    わいせつ教員「復帰するな」に署名5万筆、性欲満たすために教員になる者も……

    週刊朝日

    10/3

    性暴力を「ここだけの話」にしない 被害者が声を上げやすい社会をつくるために

    性暴力を「ここだけの話」にしない 被害者が声を上げやすい社会をつくるために

    AERA

    5/13

  • 「わいせつ教員対策新法」に専門家が抱く危機感 小児性加害者を「現場に戻してはいけない」

    「わいせつ教員対策新法」に専門家が抱く危機感 小児性加害者を「現場に戻してはいけない」

    dot.

    11/19

    わいせつ処分の教員が過去最多も「氷山の一角」 児童生徒への被害が後を絶たない背景

    わいせつ処分の教員が過去最多も「氷山の一角」 児童生徒への被害が後を絶たない背景

    AERA

    10/28

  • 教師による「性暴力」はなぜ繰り返されるのか 朝日新聞記者が目の当たりにした“被害者たたき”の実態

    教師による「性暴力」はなぜ繰り返されるのか 朝日新聞記者が目の当たりにした“被害者たたき”の実態

    dot.

    4/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す