わいせつ教員、逮捕されても別の自治体で再び教壇に 被害者ら「刑罰の軽さ」を問題視

2020/10/29 07:00

 教員による児童生徒への性犯罪が後を絶たない。背景には刑罰の軽さがある。再犯率が高いにもかかわらず、逮捕後も教育職員免許の再取得や別の自治体で再就職も可能だ。AERA 2020年11月2日号から。

あわせて読みたい

  • わいせつ教員「復帰するな」に署名5万筆、性欲満たすために教員になる者も……

    わいせつ教員「復帰するな」に署名5万筆、性欲満たすために教員になる者も……

    週刊朝日

    10/3

    わいせつ処分の教員が過去最多も「氷山の一角」 児童生徒への被害が後を絶たない背景

    わいせつ処分の教員が過去最多も「氷山の一角」 児童生徒への被害が後を絶たない背景

    AERA

    10/28

  • なぜ教員による性犯罪は起こるのか...学校で起こる“スクールセクハラ”の実態

    なぜ教員による性犯罪は起こるのか...学校で起こる“スクールセクハラ”の実態

    BOOKSTAND

    2/8

    更新制の教員免許 更新講習を受けられない「ペーパーティーチャー」はどうなる?

    更新制の教員免許 更新講習を受けられない「ペーパーティーチャー」はどうなる?

    AERA

    8/16

  • 「強姦されたのに、男性が怖くないんだ」性暴力被害者が苦しめられ続ける“被害者イメージ”とは?

    「強姦されたのに、男性が怖くないんだ」性暴力被害者が苦しめられ続ける“被害者イメージ”とは?

    dot.

    12/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す