ジェノサイドから生まれた子どもたち ルワンダ母子の四半世紀

2020/10/10 17:00

 虐殺のさなかの性暴力から、生まれたいのちがある。1994年に起きたルワンダのジェノサイド(大量虐殺)から四半世紀。母子の語りと写真が本になった。AERA 2020年10月12日号では、ルワンダの母子16組の2006年と18年のインタビューと写真を収めた『あれから──ルワンダ ジェノサイドから生まれて』を紹介する。

あわせて読みたい

  • 九月、東京の路上で

    九月、東京の路上で

    週刊朝日

    6/11

    150万人が虐殺…「ホテル・ルワンダ」の監督が描く アルメニアの知られざる悲劇

    150万人が虐殺…「ホテル・ルワンダ」の監督が描く アルメニアの知られざる悲劇

    AERA

    2/18

  • プーチン氏を罪に問えても「逮捕状止まり」の可能性 「それでも意義はある」と専門家

    プーチン氏を罪に問えても「逮捕状止まり」の可能性 「それでも意義はある」と専門家

    AERA

    4/19

    母を入院させ一人になった 子どもの貧困の現場を歩く

    母を入院させ一人になった 子どもの貧困の現場を歩く

    AERA

    12/7

  • 子育てだけが生き甲斐になると、子どもも母親も苦しくなる?

    子育てだけが生き甲斐になると、子どもも母親も苦しくなる?

    BOOKSTAND

    10/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す