マスク生活で子どもたちに異変 「笑顔が減った」「反応が薄い」発育の懸念

2020/10/03 08:00

 笑顔が減った、反応が薄い……。続くコロナ禍で、保育現場で子どもたちに異変が起こっている。感染予防対策で大人たちが着けているマスクで、表情がわからないことが背景にある。AERA2020年10月5日号から。

あわせて読みたい

  • コロナ禍で「あーん」「もぐもぐ」がわからない子どもたち 保育や家庭でできること

    コロナ禍で「あーん」「もぐもぐ」がわからない子どもたち 保育や家庭でできること

    AERA

    10/4

    2歳未満はマスクをつけないで 「顔色の変化」がわからないデメリットの方が大きい

    2歳未満はマスクをつけないで 「顔色の変化」がわからないデメリットの方が大きい

    AERA

    4/22

  • 「アクティブ・ラーニング」で教育が変わる? 乳幼児期からできることとは(後編)

    「アクティブ・ラーニング」で教育が変わる? 乳幼児期からできることとは(後編)

    出産準備サイト

    4/28

    「マスク世代の子ども」に知能低下リスク?専門家が考える対策とは

    「マスク世代の子ども」に知能低下リスク?専門家が考える対策とは

    ダイヤモンド・オンライン

    10/26

  • 「アクティブ・ラーニング」で教育が変わる? 乳幼児期からできることとは(前編)

    「アクティブ・ラーニング」で教育が変わる? 乳幼児期からできることとは(前編)

    出産準備サイト

    4/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す