投資信託を売るときの失敗を防ぐ3つの掟とは? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

投資信託を売るときの失敗を防ぐ3つの掟とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
安住拓哉,中島晶子,伊藤忍AERA#お金
1000万円の資金があった場合、一気に全部引き出すのではなく「毎月10万円を引き出しながら、残りは運用したらどうなるか」というシミュレーション結果。年1%の運用でも8年8カ月の間、毎月10万円を引き出せる

1000万円の資金があった場合、一気に全部引き出すのではなく「毎月10万円を引き出しながら、残りは運用したらどうなるか」というシミュレーション結果。年1%の運用でも8年8カ月の間、毎月10万円を引き出せる

「いつ買ったら有利か」ばかり考えて、売る時のことを忘れている人は多い。この3カ条をしっかり覚えておこう

「いつ買ったら有利か」ばかり考えて、売る時のことを忘れている人は多い。この3カ条をしっかり覚えておこう

■老後、一気に引き出す必要もない 

 つみたてNISAは最長20年だが何歳になっても続けられるし、iDeCoも70歳まで運用可能。急いで引き出す必要もない。

 ここで、まとまった資金を毎月少しずつ引き出した場合の試算をした。投資資金1000万円を60歳になってからも毎年1~5%で運用し続けた場合、毎月10万円ずつ引き出すと何年でなくなるか?

 年1%の運用でも、月10万円の引き出しを8年8カ月も続けられるという結果になった。2%運用なら9年1カ月、5%運用に至っては10年9カ月。

 老後になっても、ゆる~く資産運用を続ければ、より長期間の恩恵を受けられるのである。

 最後に、投資信託の3カ条について紹介しよう。

 投資信託を買う時に知っておいてほしい3カ条は、「安い時期にはじめようと思わない」「素人には安い時期などわからない」「大暴落時に買い増しもアリ」。

 そして売る時に知っておいてほしい3カ条は、「『老後にまとめて売る』は危ない」「投資資金が1.5倍になったら半分売る」「『老後は引き出しながら運用」もアリ」。これらは“投資信託で失敗しないための3つの掟”と言い換えてもいいだろう。

(取材・文/安住拓哉、編集部・中島晶子、伊藤忍)

※アエラ増刊『AERA Money 今さら聞けない投資信託の基本』の記事に加筆・再構成


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい