クシャミで「コロナ、来るな」と言われ…教職員の9割「今後いじめ増える」懸念

新型コロナウイルス

2020/09/18 11:30

 感染していないのにクラスで「コロナ!」と呼ばれる――。学校が再開された今、教育現場で「コロナいじめ」への懸念が強まっている。AERA 2020年9月21日号で掲載された記事から。

あわせて読みたい

  • 学校再開で子どもの「コロナいじめ」増加 親にできる防止策「応答力」「共感力」が大切

    学校再開で子どもの「コロナいじめ」増加 親にできる防止策「応答力」「共感力」が大切

    AERA

    9/17

    子どもの自殺「夏休み明け」は要注意 SOS見逃さず「TALKの原則」で対応を

    子どもの自殺「夏休み明け」は要注意 SOS見逃さず「TALKの原則」で対応を

    AERA

    9/2

  • 学校再開後の子どもの「新型コロナ」ストレス 親が見落としがちな3つのケースとは
    筆者の顔写真

    石井志昂

    学校再開後の子どもの「新型コロナ」ストレス 親が見落としがちな3つのケースとは

    dot.

    8/30

    「治療費100万円払え」と親からクレームも校内で相談できない教師

    「治療費100万円払え」と親からクレームも校内で相談できない教師

    週刊朝日

    9/1

  • コロナ禍で小学校教師の“うつ”が増加中? 親の“正義”からも苦しめられ

    コロナ禍で小学校教師の“うつ”が増加中? 親の“正義”からも苦しめられ

    週刊朝日

    11/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す