「肩こり」は季節の変わり目に要注意! 医師が教える「症状を和らげる9つのツボ」

ヘルス

2020/09/17 08:00

 伊藤さんは肩こりが生じる最も重要な要因は、交感神経の緊張だと言う。具体的にはストレス、悪い姿勢のほかに寒冷、衣類、気圧、内臓疾患といった要素を挙げる。注意すべきは季節の変わり目だ。

「急激な気温の低下や大きな寒暖差は交感神経を緊張させ、筋肉などの血流を低下させます」(伊藤さん)

 最低気温が10度を下回ると着る衣類が増えて重くなり、肩はこりやすくなる。気圧の変化も要注意だ。

「気圧が高いと交感神経が緊張し、肩こりが生じやすくなります。一方、既にこりのある人は、気圧が下がると症状が悪化します。一年のうちで11月は一日の寒暖差が大きく、12月は高気圧の日が多くなるため身体的ストレスが増しやすい。晩秋から冬はこりの症状が出やすいので要注意です」(同)

 内臓疾患が原因で肩こりを起こすケースもある。例えば、胃の調子が悪い人は右肩、肝臓なら肩甲骨の下の方、膵臓なら左肩に症状が出やすいという。

 伊藤さんは「肩こりは生活習慣に由来する」と強調する。

「鍼灸や指圧による治療で症状は改善されますが、無理な姿勢でパソコンやスマホを長時間使い続けていると必ず再発します。人任せにせず、自分の体は自分で守る意識が必要です。過度な緊張を減らし、運動やストレッチを取り入れるなどして自己管理しないと、こりは一生ついてまわります」

(編集部・渡辺豪)

AERA 2020年9月21日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 強めのツボ押しはNG 医師直伝の肩こり解消法「肩甲骨はがし」とは

    強めのツボ押しはNG 医師直伝の肩こり解消法「肩甲骨はがし」とは

    週刊朝日

    10/6

    肩こりに「強く押す、揉む、叩く」はタブー......その理由は

    肩こりに「強く押す、揉む、叩く」はタブー......その理由は

    BOOKSTAND

    8/9

  • 整形外科医が「肩の痛み」の疑問を解決 肩こりに悩む人の共通点と対策は?

    整形外科医が「肩の痛み」の疑問を解決 肩こりに悩む人の共通点と対策は?

    dot.

    10/24

    爪をつまんで10秒もむだけ?! シンプルすぎる!と話題の健康法「爪もみ」をご存じですか

    爪をつまんで10秒もむだけ?! シンプルすぎる!と話題の健康法「爪もみ」をご存じですか

    tenki.jp

    1/31

  • 胸が大きい人は肩がこるって本当? 鍼灸の効果は!?「肩」の悩みに専門家がアドバイス

    胸が大きい人は肩がこるって本当? 鍼灸の効果は!?「肩」の悩みに専門家がアドバイス

    dot.

    10/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す