田岡俊次氏「もし尖閣戦闘」勃発したら敗戦濃厚」 制空権握れず「水陸機動団は海上で全滅も」

中国

2020/09/10 08:00

 最長政権が終わりを迎える。親米のイメージが強い安倍政権だったが、実は中国との関係も重視していたという。AERA 2020年9月14日号では、軍事ジャーナリストの田岡俊次さんが安倍政権の防衛・安保政策を振り返った。

あわせて読みたい

  • 軍事評論家・田岡俊次が語る自衛隊の現実「幹部たちも『戦争』を知らない」

    軍事評論家・田岡俊次が語る自衛隊の現実「幹部たちも『戦争』を知らない」

    AERA

    12/11

    1機200億円余のオスプレイが尖閣防衛で役に立たない理由

    1機200億円余のオスプレイが尖閣防衛で役に立たない理由

    ダイヤモンド・オンライン

    9/7

  • 日豪が「事実上の同盟国」に 議論ないまま訪れる「自衛隊が中国軍から豪州軍を守る日」

    日豪が「事実上の同盟国」に 議論ないまま訪れる「自衛隊が中国軍から豪州軍を守る日」

    AERA

    12/28

    対中国が念頭の軍備拡張 一方で「お寒い」戦略議論

    対中国が念頭の軍備拡張 一方で「お寒い」戦略議論

    AERA

    1/24

  • 「戦争になれば、誰が迷惑するのか」 習近平主席から安倍首相への「密伝」

    「戦争になれば、誰が迷惑するのか」 習近平主席から安倍首相への「密伝」

    週刊朝日

    6/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す