目の不自由な人々に文字の世界を広げる点字 豊かな教育環境が読める喜びを生む 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

目の不自由な人々に文字の世界を広げる点字 豊かな教育環境が読める喜びを生む

このエントリーをはてなブックマークに追加
上栗崇AERA#アエラtoSDGs
写真・張溢文

写真・張溢文

 新連載「アエラ to SDGs」では、2030年までに達成するべき目標として国連が定めた17のゴールSDGs(エス・ディー・ジーズ)について毎回一つずつ写真で表現し、私たちが考えるべきこと・できることは何かをテーマにお届けします。

*  *  *
 目が不自由な人々に文字の世界を大きく広げてきた点字。熟達すると、一般の人が目で読むのと変わらないスピードで読み進めることができるという。パソコンやスマートフォンのテキスト読み上げ機能も、速さの点で点字には及ばない。先生に導かれて点字を覚え、ガイドに沿って針状の点筆で文字を打つ練習は今でも、無限に広がる文字の世界への大きな一歩だ。(写真・張溢文/文・上栗崇)

AERA 2020年9月7日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい