コロナ時代の移住先ランキング中国四国1位は「徳島で一番小さな街」 九州の上位は沖縄が席巻 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナ時代の移住先ランキング中国四国1位は「徳島で一番小さな街」 九州の上位は沖縄が席巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
山下和之,吉松こころAERA
アエラが独自分析 後悔しない「コロナ移住先」ランキング(AERA 2020年8月10日ー17日合併号より)

アエラが独自分析 後悔しない「コロナ移住先」ランキング(AERA 2020年8月10日ー17日合併号より)

AERA 2020年8月10日ー17日合併号より

AERA 2020年8月10日ー17日合併号より

AERA 2020年8月10日ー17日合併号より(写真:朝日新聞社)

AERA 2020年8月10日ー17日合併号より(写真:朝日新聞社)

 自宅で働く時代にシフトしつつある今、都会から心地よく働けるエリアに移住を検討する人が相次いでいる。後悔しないために必要な視点とは何か。AERA 2020年8月10日-17日合併号は、住宅、買い物、カルチャー、将来性、子育て、治安、医療、災害・行政の8項目に着目。公表されている統計データから数値を算出しランキング化した。中国・四国エリア、九州・沖縄エリアの結果を紹介する。

【アエラが独自分析】後悔しない「コロナ移住先」ランキングはこちら

*  *  *
 中国・四国のトップは徳島県北島町。総務課広報公聴担当は「県下一小さな町ですが、多くの大型スーパー、映画館、公園などがあり、自然と住みやすさが調和しています。空港や高速も近く、交通の便にも優れています」。隣接する徳島市のベッドタウンとして発展、人口の増加も続いている。

 2位はコンビナートの夜景が人気の広島県大竹市。ランキング上位には工業地域の同県府中町や愛媛県新居浜市、徳島空港がある徳島県松茂町など、瀬戸内の特徴ある自治体が目立つ。

 九州・沖縄の上位には沖縄県の自治体がずらり。コロナ移住で重要な「住宅」は1~4ポイントと全国平均を下回る評価だが、出生率が全国1位で若年人口が増えていることを背景に、「買い物」「将来性」「子育て」「医療」などの項目で高いポイントを稼いでいる。沖縄の自然や文化が好きで、住まいの狭さには目をつぶれるという人は移住しても後悔はなさそうだ。

 1位の南風原(はえばる)町には沖縄県立精和病院、沖縄第一病院などの病院がそろい、医療崩壊を避けたいコロナ時代の移住先としてはぴったり。2位の北中城(きたなかぐすく)村は、日本で最も人口密度の高い村、5番目に人口の多い村として知られる。村といってもイオンモールがあり、大型の中部徳洲会病院も備えている。

 3位の大分市。市役所のおおいた魅力発信局は「都会的な便利さと海・山・川の豊かな自然の両方がバランスよくそろっています。働く環境、教育環境、医療体制も整っており、地方暮らしの第一歩には、ちょうどいいまちです」と移住先としての魅力をアピールしている。(住宅ジャーナリスト・山下和之、ライター・吉松こころ)

AERA 2020年8月10日-17日合併号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい