「目で味わう」雅な一冊 器屋の店主が誘う、名作古典「源氏物語」と和菓子の世界

2020/08/04 17:00

 AERAで連載中の「この人この本」では、いま読んでおくべき一冊を取り上げ、そこに込めた思いや舞台裏を著者にインタビュー。「書店員さんオススメの一冊」では、売り場を預かる各書店の担当者がイチオシの作品を挙げています。

あわせて読みたい

  • 日常の風景を和菓子に 京都の職人ユニット「日菓」

    日常の風景を和菓子に 京都の職人ユニット「日菓」

    週刊朝日

    7/16

    平安人の心で「源氏物語」を読む

    平安人の心で「源氏物語」を読む

    週刊朝日

    7/3

  • 希代の色男を描いた小説『業平』がヒット! 理由はこの“時代”?

    希代の色男を描いた小説『業平』がヒット! 理由はこの“時代”?

    週刊朝日

    6/13

    12歳で政略結婚、婚外交渉…「源氏物語」光源氏の女性遍歴にみる“早熟”と病気の意外なリスク
    筆者の顔写真

    早川智

    12歳で政略結婚、婚外交渉…「源氏物語」光源氏の女性遍歴にみる“早熟”と病気の意外なリスク

    AERA

    7/4

  • 「京都の桜をゆっくり愛でるなら鴨川で」通ならではの花見の愉しみ方とは
    筆者の顔写真

    ナカムラユキ

    「京都の桜をゆっくり愛でるなら鴨川で」通ならではの花見の愉しみ方とは

    dot.

    4/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す