日本人女性がルワンダで20年以上義足を無償提供 コロナ禍でも負けない原動力

2020/07/28 17:00

 アフリカで延べ1万本以上の義足や義手を作ってきた日本人女性の活動が窮地にある。 でも、活動を止めることはない。これまでも困難を乗り越えてきたのだから。AERA 2020年7月27日号で掲載された記事を紹介。

あわせて読みたい

  • 肉親のいない「無縁者」 現代日本を生きる男性が月5万円の投資で得た資産と心の安定

    肉親のいない「無縁者」 現代日本を生きる男性が月5万円の投資で得た資産と心の安定

    AERA

    11/13

    東京パラリンピックを支える「最強のパートナー」

    東京パラリンピックを支える「最強のパートナー」

    週刊朝日

    2/24

  • 両足のひざ下を切断…兄の事故をきっかけに「義肢装具士」の道へ 藤田兄弟の絆

    両足のひざ下を切断…兄の事故をきっかけに「義肢装具士」の道へ 藤田兄弟の絆

    AERA

    1/29

    「義足の私を見て」心のバリアフリーを目指す女性たち

    「義足の私を見て」心のバリアフリーを目指す女性たち

    週刊朝日

    6/16

  • 「乙武プロジェクト」で感じた違和感 遠藤謙が目指す誰もが「走る」を選択できる未来

    「乙武プロジェクト」で感じた違和感 遠藤謙が目指す誰もが「走る」を選択できる未来

    AERA

    2/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す