韓国の対日政策は「場当たり的」 WTO提訴より「協議継続」が得策だった可能性

2020/07/10 09:00

 韓国の対日政策は、WTO提訴再開、ユネスコに書簡送付と強硬姿勢が続いている。AERA 2020年7月13日号では、場当たり的ともとれるその背景に迫る。

あわせて読みたい

  • 泥沼が続く日韓  最悪のシナリオは朝鮮半島の南北統一

    泥沼が続く日韓  最悪のシナリオは朝鮮半島の南北統一

    週刊朝日

    9/20

    「勝手な誤解は構わないが…」韓国の「ほほ笑み」に戸惑う日本 狙いは「平昌の夢」?

    「勝手な誤解は構わないが…」韓国の「ほほ笑み」に戸惑う日本 狙いは「平昌の夢」?

    AERA

    12/4

  • 「わざと反対」? 韓国支持しない日本の姿勢を“曲解” WTOトップ選挙で日韓対立鮮明に

    「わざと反対」? 韓国支持しない日本の姿勢を“曲解” WTOトップ選挙で日韓対立鮮明に

    AERA

    8/12

    2021年の日韓関係「現金化」が重要局面 文大統領の政治判断あるか? カギを握る「北朝鮮」と「韓国国民」

    2021年の日韓関係「現金化」が重要局面 文大統領の政治判断あるか? カギを握る「北朝鮮」と「韓国国民」

    AERA

    1/6

  • 米から在韓米軍駐留費「1ドルも譲らない」の声も GSOMIAが生んだ亀裂

    米から在韓米軍駐留費「1ドルも譲らない」の声も GSOMIAが生んだ亀裂

    AERA

    11/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す