「第2波」が台風シーズン直撃の可能性も 問われる避難所の感染症「3密」対策

新型コロナウイルス

2020/07/08 09:00

 毎年のように台風やゲリラ豪雨が日本列島を襲い、甚大な水害被害をもたらしている。今年は新型コロナの感染拡大の第2波と重なるとの専門家の指摘もある。コロナ禍のいま、災害対応のあり方が問われている。AERA 2020年7月13日号の特集「コロナ禍の災害列島」から。

あわせて読みたい

  • 水害、地震、台風…専門家が指摘「コロナ禍の非常袋に入れておきたいもの」とは? 

    水害、地震、台風…専門家が指摘「コロナ禍の非常袋に入れておきたいもの」とは? 

    AERA

    7/8

    集中豪雨や台風など災害時の避難所が新型コロナワクチン集団接種会場に…どちらを優先する?

    集中豪雨や台風など災害時の避難所が新型コロナワクチン集団接種会場に…どちらを優先する?

    dot.

    7/8

  • もし今、大雨・地震が襲ったら…避難所襲う感染の「二重苦」

    もし今、大雨・地震が襲ったら…避難所襲う感染の「二重苦」

    週刊朝日

    4/22

    もしいま大地震が起きたら…避難所で「距離をとることはまず無理」自治体が危機感

    もしいま大地震が起きたら…避難所で「距離をとることはまず無理」自治体が危機感

    AERA

    4/21

  • 台風避難は“ホテル”が新常態 宿泊料金割引GoTo活用も

    台風避難は“ホテル”が新常態 宿泊料金割引GoTo活用も

    週刊朝日

    9/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す