ワクチン開発は英、米、中…遅れた日本 他国が実用化でも「国産」確保が重要である理由

新型コロナウイルス

2020/06/26 09:00

 世界各国でワクチン開発が急ピッチで進んでいる。先行するアメリカ、イギリス、中国の後を日本が追う。ワクチンの一刻も早い実用化が待たれるが、国産の確保も重要だ。AERA 2020年6月29日号で掲載された記事から。

あわせて読みたい

  • ワクチン開発「9割は実用化できない」と専門家 日本勢を待ち受ける「第3段階の壁」

    ワクチン開発「9割は実用化できない」と専門家 日本勢を待ち受ける「第3段階の壁」

    AERA

    6/26

    国産ワクチン開発遅れの背景 治験の「倫理の壁」に立ち往生…新手法も政府は及び腰

    国産ワクチン開発遅れの背景 治験の「倫理の壁」に立ち往生…新手法も政府は及び腰

    AERA

    5/11

  • コロナワクチンの早期開発が難しい理由 開発で大事な4つのポイントとは?

    コロナワクチンの早期開発が難しい理由 開発で大事な4つのポイントとは?

    週刊朝日

    10/29

    加速する新型コロナ “ワクチン開発”競争 モデルナがいよいよ3万人の臨床試験へ

    加速する新型コロナ “ワクチン開発”競争 モデルナがいよいよ3万人の臨床試験へ

    週刊朝日

    7/28

  • 新型コロナ「ワクチン開発」の現在地 世界と日本の動きに違いは?

    新型コロナ「ワクチン開発」の現在地 世界と日本の動きに違いは?

    AERA

    9/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す