「固め」「柔らかめ」論争、あなたはどっち? 人気上昇のプリンから見る時代の変遷 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「固め」「柔らかめ」論争、あなたはどっち? 人気上昇のプリンから見る時代の変遷

このエントリーをはてなブックマークに追加
伊藤彩子AERA#グルメ
AERA 2020年6月8日号より(写真:提供)

AERA 2020年6月8日号より(写真:提供)

AERA 2020年6月8日号より(写真:各社提供)

AERA 2020年6月8日号より(写真:各社提供)

「プリン」と聞いただけでほっぺが緩みませんか?最近は「固め」と「柔らかめ」が世の人気を二分しているけど、こんなに幸せな対立、ほかにありませんよね。プリンはいつから2大勢力になったのか。AERA2020年6月8日号の記事を紹介する。

【おすすめの「固め・柔らかめプリン」をご紹介!】

*  *  *
 突然ですが、プリンは「固め」と「柔らかめ」、どっちがお好きですか?

 犬派か猫派か。そば派かうどん派か。座席は通路側か窓側か。朝食はごはんかパンか──。今やプリンの好みは、このような「あなたはどっち?」論争の一角を占めるほどだ。

 固めでも柔らかめでも、プリンを目の前にして気持ちが全く動かない人などいるのだろうか。試しに、身の回りの6人に「プリンのどこが好き?」と聞いてみたところ、実に全員がにっこりと笑顔を浮かべつつ、一家言ぶってくれた。

「卵の部分とキャラメルの部分の境目? そこを食べるときが至福です!」(20代女性)
「ケーキよりもスプーン一杯ですくえる幸せが大きい!」(40代女性)
「卵料理をデザートとして食べられる幸せ」(30代女性)
「男性一人でケーキを買うのはハードルが高くても、プリンならイケます!」(30代男性)
「あのほろ苦いカラメル感とクリーム感がひたすら好きだ!」(40代男性)
「プリンは古き良き昭和の東京の味なのだよ……」(60代男性)

 今、プリンが熱い。「世界一売れているプリン」とギネス世界記録に認定されている江崎グリコの「プッチンプリン」とマクドナルドのマックシェイクがコラボし話題に。人気アイス「爽」からは「純喫茶風プリン味」が発売され、キッコーマンの「豆乳飲料」からもプリン味が登場した。コンビニには毎月のように新商品がお目見えしている。

 中でも注目を集めているのが「固めプリン」だ。「そう! プリンはムチムチ固めがサイコー」というあなたも、「いやいや! プリンはトロトロ柔らかめに限る」というあなたも、ここでプリンの歴史を振り返るのでお付き合いいただきたい。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい