夏以降「家まで失う人が増える」の声も コロナ禍であぶり出される貧困

新型コロナウイルス

2020/06/04 09:00

 緊急事態宣言が解除されたが、新型コロナウイルスによる経済危機の影響で、今後、生活困窮者が社会にあふれると指摘する声もある。AERA 2020年6月8日号では、これから露呈するであろう社会の貧困や格差について取材した。

あわせて読みたい

  • “住まいは人権” 生活困窮者への居住支援に取り組む 一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事・稲葉剛

    “住まいは人権” 生活困窮者への居住支援に取り組む 一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事・稲葉剛

    AERA

    11/12

    DaiGo差別発言の炎上収まらず YouTubeチャンネル凍結されれば、ビジネスモデル崩壊も

    DaiGo差別発言の炎上収まらず YouTubeチャンネル凍結されれば、ビジネスモデル崩壊も

    dot.

    8/16

  • 新型コロナで増える「住居喪失」 給付金申請の大幅増で相談員がバーンアウトする理由

    新型コロナで増える「住居喪失」 給付金申請の大幅増で相談員がバーンアウトする理由

    AERA

    10/18

    コロナ終息せず住まいの“命綱”期限迫る…12月以降に「路頭に迷う」懸念とは?

    コロナ終息せず住まいの“命綱”期限迫る…12月以降に「路頭に迷う」懸念とは?

    AERA

    11/12

  • 「貧困ビジネス」施設が“終のすみか”に…アパートの老朽化から始まる転落人生

    「貧困ビジネス」施設が“終のすみか”に…アパートの老朽化から始まる転落人生

    dot.

    5/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す